住宅営業マン個人集客の第一歩

こんにちは、石川です。

さて今回は、集客に関して大事な部分を
お話ししていきます。

僕も最初の頃は
ぜんぜん理解していなかったんですが、

集客は最初の第一歩の部分が
非常に大事で、

これを理解していないと、
いくら小手先の事をしても成果には
繋がらないんです。

ですから、今回の話しはかなり集中して
読んでください。

まず、集客の種類から話しますが、

住宅営業マンの場合は大きく分けて

・既にある名簿からの集客

・新規の集客

の2種類になりますよね。

あと、
強いて言えば『紹介』もありますが、

今回の話しは
新規の集客に絞りたいと思います。

基本的には、
ほとんどの場合、会社が集客を考えて
いると思ますが、

地域性や展示場の立地条件、環境など
によって、どの営業所でも均一に集客
出来ているとは言えないでしょう。

そこで、営業マン個人レベルで集客を
する方法ですが、

やはり、効率的に考えると

『チラシ』

がいいのではないかと思います。

インターネットでブログを書くなども
考えられますが、

かなり何ヶ月もの時間がかかるので

やはり、すぐにダイレクトに届くのは
『チラシ』です。

それじゃあいったい、
どんな『チラシ』を作れば
いいのでしょうか?

多くの場合、

「イベントをやっています」とか、
「キャンペーンをやっています」なんて
チラシを想像してしまう

と思うのですが・・・

ここでます考えて欲しいのが、

1.どんなお客さんを集めたいのか?

2.どんな行動をして欲しいのか?

という事なんです。

どんなお客さんを集めたいのかを
絞らないと、

チラシで伝えたい事が
ボヤけてしまって、

誰にも響かない
チラシになってしまいます。

例えば、

紳士服のチラシで

「春の新作スーツです」

というのと

「おしゃれな営業マンのための
スーツです」

と書いてあったら、

どっちを見てみたいと思いますか?

多くの人が後者ですよね。

でも、
絞ると来るお客さんが絞られて
少なくなるんじゃないですか?

なんて思った人もいるかも
知れませんが、

実は、後者の方は実際営業マン
じゃない人でも気になるんです。

結果、より多くの人が興味を持つ
という事なんです。

だから、絞った方がいいんです。

住宅の場合、チラシで集めるのに
お勧めは、

やはり土地なしのお客さんです。

なぜかというと、

土地なしのお客さんは、
多くの場合アパートやマンションに
住んでいると思うので、

チラシを撒く効率が良いです。

一戸建てに100軒も200件も
チラシを撒くのは大変ですよね。

いかがでしょうか?

集客で最初に考える事は、

・誰を集めるのか?

・その人はどこにいるのか?

という事なんです。

これさえ分かれば、

次は、その人たちにどんな行動を
取って欲しいのかを考える事
なんですが・・・

この続きは次回お話しします。

それでは、また次回もお楽しみに。

 

今回も最後までお読み頂きまして
ありがとうございます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL