住宅営業マン個人集客の第一歩 その2

こんにちは、石川です。

前回の記事は
読んで頂けたでしょうか?

少し復習ですが、

住宅営業マンが会社に頼らずに
個人的に集客を考えるとしたら、

ターゲットは土地なしのお客さんの方が
効率が良いです。

なぜかというと、

建て替えのお客さんは、ほとんどが
一戸建てに住んでいる訳ですが、

一軒家にチラシをポスティングしても
建て替えを考えている家なのかどうかは
外から見てもわかり難いですよね。

でも、土地なしのお客さんの場合は、
2DKくらいの賃貸のアパートや
マンションにポスティングすれば

多くの場合、近い将来持ち家を
考えていますよね。

それに、ポスティングはアパートや
マンションの方が時間的に効率が
良いです。

ですから今回は、
土地なしをターゲットにチラシを
考えてみましょう。

さて、
それではそのチラシの内容ですが、

内容を考えるときは、

ステップ1

『読む人にどういう行動を
とってもらいたいか?』

という事を考えます。

例えば、

電話で問い合わせて欲しいとか、

自社ホームページを見て欲しいとか、

サイトでアンケートに答えて欲しいとか、

メールをして欲しいとか、

展示場やあなたの会社に来て欲しいとか、

その目的を明らかにします。

そして、

出来るだけ、お客さんが行動してから
どういう流れで契約に至るかという事を
考えておきましょう。

ステップ2

『チラシを見た人が、こちらのして欲しい
行動をするとどんなメリットがあるのか』
を考えます。

例えば、

自社ホームページでアンケートに答えると
何かプレゼントがもらえるとか、

展示場に来ると、早く良い土地を見付ける
方法や、出来るだけ土地を安く買う方法
などの情報を知ることが出来るとか、

お客さんが欲しがりそうなものを考えて、
得をさせてあげましょう。

まとめると、

ステップ1

お客さんにとって欲しい行動を考える。

ステップ2

お客さんが行動するメリットを考える。

という事ですが、

例えば、

よくサプリメントの
試供品やお試し価格ってありますよね。

あれって、

まずは、お客さんに無料や安価で試して
もらうという行動をとって欲しい訳です。

無料であったり安価なので、
気になっているお客さんにとっては
お得な話しで、

何もデメリットはないですよね。

こんなふうに、

行動する事によって、
お客さんにとっては得するしかない
ということを考えて、

チラシに書くんです。

人は得する事がないと動きません。

自社の商品のいいところばかり載せても
お客さんにとって得する事がなければ、
反応はありません。

いかがでしょうか?

個人で集客を考えるときは、
まずは今回の考え方をしっかり頭の中に
入れておいてください。

とにかく、まずは『得をさせろ』です。

この考え方が染み付いてくると、
どんどん人が集まって来る様になります。

そして次回は、

実際の文章の書き方をお話しします。

文章の書き方を
知っているのと知らないのとでは
全くお客さんの行動が
変わってしまいます。

是非お見逃しなく。

それでは、また次回もお楽しみに。

 

今回も最後までお読み頂きまして
ありがとうございます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL