住宅営業マンの土地なしのお客さんに対する考え方

住宅営業マンのあなたは、
土地なしのお客さんに対して
どのような考え方を持っていますか?

 

「土地はすぐに決まるものじゃない」

とか、

 

「自分で土地を探して来てくれないかな」

とか、

 

「そりゃぁ土地は高い買い物だから
すぐに決まる訳がないよな」

とか、

 

「希望の地域には土地がないから
無理だよな」

 

というふうに、

いろんな事を考えていると思います。

 

僕も、いろんな事を考えていました。

 

いろんな事というよりは、
上に書いた様なネガティブな事ばかり
考えていたんです。

 

でも、こんなふうにネガティブなら
まだ良いんですが、

実はこんな事を考えてしまう営業マンが
けっこう多いんです。

 

それは・・・

『罪悪感』です。

 

「こんなに高い買い物で、
人生が変わってしまうかもしれない
土地購入をそんなかんたんに決めても
いいのかなぁ?」

という感じです。

 

「そんな綺麗事
言ってる場合じゃないですよ」

なんて声も聞こえてきそうですが・・・

 

僕たち住宅営業マンは、

表面的には早く土地を決めて契約したい
と思っている様ですが、

 

実は、、、、、、

自分でも気付いていない心の奥底で、
売る事に対しての罪悪感を持っている
人が多いんです。

 

現にあなたは、

「売りたい」とは思っているけど

「押し売りはしたくない」ですよね。

これが『罪悪感』です。

 

だから、

「押し売りしましょう」

という訳ではありません。

 

そうではなくて、

もう少し考え方を変えて、

自分自身の『軸』をしっかり持ちましょう
という事なんです。

 

それじゃあいったい

どう考えればいいのかというと、

 

『土地は早く決まった方が
お客さんは幸せなんです』

僕はそう思うんです。

 

だってそうですよね。

いつまでも土地が決まらないと、
当然家も建てられません。

 

そうすれば、

無駄に家賃を払い続けなければ
いけないし、

ローンの完済時期もどんどん
遅くなる訳です。

 

それに、

やっぱり家を建てようと思ったら、
少しでも早く住み始めて、

少しでも長く理想のライフスタイルを
満喫した方がいいですよね。

 

だから、

土地は早く決めさせてあげた方が、
お客さんは幸せなんです。

 

ここでちょっと

気を付けておいて欲しいんですが、

 

あくまでもお客さんの幸せの為に
土地を早く決めさせてあげるという
気持ちを忘れないでください。

 

どうしても僕たち住宅営業マンは、
自分の成績を先に考えてしまい易い
ものです。

 

実は、

自分の成績を先に考えてしまった時、
土地はすぐに決まらなくなるんです。

 

これは、

僕自身も何度も経験してきたので、
本当にわかって欲しいんです。

 

本気でお客さんの幸せの為と思えれば
土地は1回で決まります。

 

テクニックやトークも必要なんですが、
この考え方も非常に重要なので、

決して忘れないでください。

 

いかがでしょうか?

 

営業という仕事をする上で、

この『考え方』というのは

本当にかなり重要です。

 

人は考え方によって、
行動が変わってきてしまうんです。

 

同じ言葉を言っていても、
相手にとっては、全く違う意味に
聞こえてしまいます。

 

ですから、
もしあなたが成績不振に陥っているか
もう一つ伸び悩んでいるとしたら、

まずは考え方からしっかり学んでみて
ください。

 

必ず、お客さんの反応が変わってくる
はずですから。

 

それでは、また次回をお楽しみに。

 

今回も最後までお読み頂きまして
ありがとうございます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL