タイプ別キッチンの特徴

キッチンのタイプは様々ですが、

ここではキッチンの配置の仕方によって、

使い勝手がどう違うのか?

どう説明したらお客さんが理解してくれるのか?

ということを考えてみましょう。

 

一般的な最新レイアウトの特長を紹介!

【I型】 【II型】 【L型】 【アイランド型】

 

キッチンはレイアウト(配置)によって使い勝手が変化。

一番人気のレイアウトは?

現在のキッチンは主に以下4つの種類が一般的です。今回はそれぞれの特徴と、選ぶポイントを紹介します。

1.I型キッチン

SK005295-600x631
img_A101002001_04

最も昔ながらの一般的なレイアウト(配置)です。 シンクと調理器、冷蔵庫を横一直線に並べたものが「I型」と呼ばれます。 このレイアウトでは横移動が多くなるので、移動距離を長くしないようにキッチン幅を 2,550mmまたは2,700mmにし、横に冷蔵庫を置くことで移動距離を短くできます。

2. Ⅱ型キッチン

SK005499-600x555
AB141AAV-PA0010057-600x400
img_A101002001_05

シンクと調理スペースを別々に分け、広く調理ができるレイアウトになります。 一番のメリットは、横の移動距離を少なくでき作業スペースを広く使えます。 また、「火まわり」「水回り」を分離すると、収納がしやすくなるのが特徴です。

3. L型キッチン

SK005496-600x375
images

L型キッチンの特徴は、ワークトライアングルが出来やすく移動距離を短く出来るという特徴があります。 ただし、外壁面にキッチンを配置してしまうと、外からの採光がほとんど取れなくなってしまいます また、LDKのスペースは最低でも16畳以上取れれば余裕を持てるでしょう。

4. アイランド型(独立型)キッチン

AC141AALOAA001B-PA0010001-600x400
ph1113

アイランド型は、シンク、調理台などを壁面から離して設置するレイアウトになります。 アイランド型は囲むように作業が出来るのが特徴です。家族でワイワイ調理や片づけをしたり、 友人を招いてホームパーティーをしたり、料理教室をしたりする事も出来ます。

横壁に付ける配置のペニンシュラ型と壁から独立させたアイランド型

という分け方も出来ます。

■ペニンシュラI型

img_A101002001_16

シンクとコンロを1列に並べ、横壁に付けたレイアウトです。

■アイランド型

img_A101002001_17

シンクとコンロを1列に並べ、 壁から独立させたレイアウトです。

 

調理のためのスペースを考える

 

調理作業とスペース

img_A101002001_07

キッチンワークを振り返ると、その場所で使う道具や必要なスペースが見えてきます。

中でも重要なのが調理スペース。

食材やまな板、ボウルなど、必要な調理道具がしっかり置ける広さをキープしたいですね。

ワークトライアングルで考えましょう

img_A101002001_08

シンク、コンロ、冷蔵庫の3点を結ぶ動線をワークトライアングルと呼びます。

この中をスムースに行き来できることがポイントです。

それぞれの場所に2~3歩で移動できるのがベスト!

それぞれの間隔が長すぎるとムダな動作が多くなり、短すぎると収納や調理スペースが不足しがち。

3辺の合計を360~600cmの間にすると、バランスのよいキッチンになります。

全体のトライアングルも大切です

img_A101002001_09

食器や食材をしまう収納ユニット、ダイニングテーブルとの動線もスムースになるように

確認しておきたいところです。

キッチンへの通路幅を確認

img_A101002001_10

キッチンの作業スペースへの行き来に、ストレスのない広さが必要。

キッチンの間口サイズにも関係して来るので、しっかり配慮したいところです。

キッチンに立つ人数もポイントに

img_A101002001_11

作業スペースは、引出しを開けた時や作業をする人数も考えて、動きやすい広さを確保したいですね。

キッチン本体や収納ユニットの奥行きも加味して考えましょう。

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL